レッドブルの味を例えるとどんな味?味が似てるドリンク種類を紹介!

レッドブル 味 飲食系

ブルーシルバーのスリムな缶に赤色の雄牛ロゴがスタイリッシュなレッドブル。

「翼をさずける」というセリフ聞いたことがありますよね。

エナジードリンクの中では世界NO,1のシェアを誇り、世界160か国以上で販売されています。

レッドブルには様々なフレーバーがある他、期間や数量限定販売などで味に飽きないのも人気の一つではないでしょうか。

まだ飲んだことのない方に、レッドブルはどんな味がするのかぜひ紹介していきたいと思います。

複数販売されているレッドブルのフレーバーについても調査

していきますので、お気に入りの味を見つけてみてくださいね。

レッドブルの味を例えるとどんな味?

レッドブルの味を例えるとどんな味なのでしょうか?

レッドブルの代表商品は一番目にすることが多いシルバーブルーの缶です。

ノーマルタイプのレッドブルは、例えると「栄養ドリンク」ぽい味といわれています。

炭酸も強めで甘すぎず少し酸味があり、後味がスッキリしていて爽やかで飲みやすい味だと思います。

よく冷やしてゴクっと飲むのがおいしく、レッドブルの中でもノーマルのレッドブルが一番飲みやすい味になっていると感じます。

レッドブルは栄養ドリンクではないの?

と思われるかもしれませんが、レッドブルはエナジードリンクで栄養ドリンクとは違います。

栄養ドリンクは「医薬部外品」でタウリンが含まれており、エナジードリンクは「清涼飲料水」でタウリンが含まれないという違いがあります。

また、レッドブルは栄養ドリンクのリポビタンDから大きな影響を受けて誕生したそうなのです。

レッドブルの味と似てるドリンクはなに?

レッドブルと味が似ているドリンクを調べると、オロナミンCやデカビタの名前があがります。

レッドブルのフレーバーによって似ている味のドリンクは違ってきますが、ノーマルタイプの青缶に関してはオロナミンCほど甘くないですが、味が似ているようです。

また駄菓子屋さんによく売っているフィリックスガムに味が似ているという声も。

味が似ているオロナミンCは、炭酸を含んでいるため医薬品と認められず「炭酸飲料」となり、大きな括りではレッドブルと同じ「清涼飲料水」となります。

レッドブルはタウリンの代わりに、アミノ酸の一種のアルギニンとビタミンB群も豊富に含まれています。

また、カフェインの含有量も多く栄養目的というよりかは「気分をスッキリさせたい」や「成果を残したい」という時に効果があるため、「エナジードリンク」と言われるのです。

レッドブルの味の種類を紹介!

レッドブルの味は、期間限定の物や国限定などのものも合わせると、全50種類以上あるそうです。

日本で購入出来る7種類の味を紹介します。

定番の青

エナジードリンクの中で最も有名ではないかと思われる、定番でノーマルタイプの青

1度はこの青とシルバーの缶を目にしたことがあると思います。

カフェイン32mg含んでいますので、ドライブの時にコンビニで買うことが多いのではないでしょうか?

オロナミンCなどのような甘さは強くなく、少し酸味があるのでスッキリした味わいです。

スッキリしているので、ごくごくと一気に飲めてしまう定番の青です。

シュガーフリー

レッドブルのシュガーフリーはカロリー0で無糖タイプです。

定番の青よりも、さらにあっさりとして甘さはほぼありません

ですが定番の青よりも酸味が強く独特の味なので、シュガーフリーの方が癖になる人もいるようです。

また、カフェイン43.2mgで定番の青缶よりも多めで、仕事前や長距離ドライブに最適かもしれません。

シュガーフリーですのでダイエット中の方も飲めるエナジードリンクですね。

ホワイトエディション

2020年に期間限定で発売されたホワイトエディション

パッケージの裏を見ると「ホワイトピーチフレバー」と記載されているだけあって、ピーチの香りが強いです。

ピーチと聞いて甘いのかな?と思うかもしれませんが、実際は炭酸も強めで甘すぎないさっぱりとした味わい。

エナジードリンクっぽい味わいは少ないですが、後味はエナジードリンクを飲んだ感がしっかり残る仕上がりになっています。

炭酸もあるのでかなり飲みやすいですし、ピーチ好きな方にはホワイトエディションはお勧めです。

イエローエディション

2018年から定番商品として販売されているイエローエディション

発売当初は一部の限られた店舗でしか販売されていませんでしたが、最近になって少しずつ色々な店舗での取り扱いも増えてきています。

イエローエディションは柑橘系の香りで、味もレモンやオレンジなどの柑橘系

オレンジよりもレモンの方がちょっと強いかもという印象です。

エナジードリンク感は弱めで、レモン系の酸っぱい炭酸が好きな方には、イエローエディションをお勧めします。

サマーエディション

パッションフルーツ味だというサマーエディションですが、夏限定で発売され、癖になる味だと言われています。

パイナップルやマンゴーなどのフルーツも感じますが濃厚な甘さという訳ではなく酸味が強く爽快感が強いようです。

グレープフルーツのような味という声もあれば、ドクターペッパーのような癖が強い、ジュースのようで飲みやすいという声もあります。

かなり好みが分かれる味でもあるようです。

定番の青の味に飽きた人に飲んでいただきたいフレーバーですね。

後味はスッキリしていて飲みやすく、エナジードリンクの味が苦手な人にもおすすめかもしれません。

グリーンエディション

ライムの香りが強めなグリーンエディションですが、甘酸っぱい風味です。

ライムのほろ苦さと甘さ、強い酸味がスッキリとして美味しいという声が多いようです。

お馴染みのスプライトに似ている印象です。

スプライトもライム系の炭酸飲料なので、グリーンエディションと似ているのも納得です。

爽快感がある炭酸飲料が好きな方にお勧めの味です。

仕事や勉強の合間に気分をリフレッシュしたい時に良いかもしれませんね。

パープルエディション

2021年に新しく発売されたパープルエディションは、巨峰フレーバーということですが、実際はどうなのでしょうか?

巨峰の香りがすごく強いわけではなく、ほのかに香る程度。

少し甘みは感じますが、その後に甘さはスーッと消えていく感じで、とても飲みやすいです。

ファンタのグレープに似ているという声も多いようです。

ファンタグレープ味で飲みやすいですが、レッドブルを飲んでる感はしっかりあり絶妙なバランスが好まれているようです。

こちらもサマーエディション同様、エナジードリンクの独特の風味が苦手という人にお勧めです。

レッドブルの味まとめ

ここまで、レッドブルの味について紹介してきました。

  • レッドブルは酸味が強く栄養ドリンクに近い味
  • 炭酸が強めで酸味が強く後味はスッキリしている
  • ノーマルタイプのレッドブルはオロナミンCに味が似ている
  • 他7種の味があり、エナジードリンクの味が苦手な人でも飲めるフレーバーがある
  • 気分転換や集中力アップさせたい時に飲むのがお勧め

定番の青以外に関しては、期間限定の商品もあったり、販売期間が明確になっていないものもあるので、気になるフレーバーがある方は早めにチェックしてみてくださいね。

飲食系
全てを楽しむ
タイトルとURLをコピーしました