川村あんり(モーグル)の両親はどんな人?ハーフの噂も詳しく!

川村あんり 両親 スポーツ

日本のフリースタイルスキー選手である現役高校生の川村あんり選手。

モーグル第9戦で優勝を飾り、来月の北京オリンピック(五輪)前では最後のW杯を制し、通算3勝目を見事勝ち取っています。

そのため、北京オリンピックでのメダルも期待されています。

そんな彼女の両親や、ハーフであるという噂もあるということで、調べてみました!

川村あんり(モーグル)の両親はどんな人?

川村あんり選手の気になる両親ですが、父親が川村修一さん、母親は川村綾子さんです。

父親の川村修一さんは1965年5月30日生まれ。

西武鉄道アイスホッケー部で、アイスホッケー選手として活動していました!

その後も、SEIBUプリンセスラビッツという女子アイスホッケーチームのコーチもしていました。

現在はチームを離れて、一般企業に務めているようです。

母親の川村綾子さんは修一さんの2個下で、実業団「コクドレディース」のアイスホッケーの選手だったそうです。

引退後は一時、選手の身の回りのお世話をするサポートスタッフをしていました!

後ほど詳しく記載しますが、川村あんり選手が中学生の時に母親と2人で東京から新潟に引っ越しています。

父親である修一さんは土日に東京から新潟にきて、家族の時間を過ごしていました。

両親共にウィンタースポーツを経験されていたご家庭。

どちらも元実業団アイスホッケー選手だったんですね!

川村あんり選手が頑張りたい、という気持ちを尊重する暖かいご家庭ですね。

実は祖父母はスキーが大好きだったため、新潟県の湯沢町にリゾートマンションを持っていました。

川村あんり選手がスキーを始めたのも、祖父母の影響です。

ウィンタースポーツ一家ということで、とても恵まれた環境だということが分かります。

川村あんり(モーグル)はハーフって本当?

結論から言いますと、川村あんり選手はハーフではありません!

川村あんり選手も、自身のInstagramで、「no! i’m fully japanese」と否定していました。

国籍も日本ですし、ご両親も上記で記載しましたが、どちらも日本人です。

ただ、日本人離れした素敵な魅力を感じます。

また、海外での試合のインタビューでは流暢な英語で話している様子が見られます。

また、自身のInstagramでの投稿も、すべて英語で書かれています。

そのため、ハーフだと思う方もいるのではないでしょうか。

川村あんり(モーグル)の身長体重はいくつ?

身長は153cmです。

平均身長は157cmなので、少し小柄な方ですね!

しかし、実際に他の選手と並んでいる写真を見ると、もう少し高いように見えます。

1部では160cm以上なのでは?と噂されています。

高校生のため、まだ身長が伸びているのかもしれないですね!

また、体重は47kgです!

平均体重は52kgのため、平均体重より下回っています!

モーグルは、常にスキーの先に体重を乗せる必要があります。そのため、モーグル選手は固定されたスキーブーツの中でもスネを前に押し出します。

「スネ圧」とも呼ばれるスネの筋肉(前脛骨筋)が発達するのがモーグル党協議になりますが、川村あんりさんはモーグル選手の中でも、このすね圧が特に強いことで知られています。

日々のトレーニングによって、力強い筋肉が鍛えられているんですね!

川村あんり(モーグル)の出身高校はどこ?

川村あんり選手は日本体育大学桜華高校に在籍しています!

日本体育大学桜華高校は1958年開校の日本体育大学の系列の私立高校で、部活動が盛んなことで有名です。

川村あんり選手は高校進学するタイミングで東京に戻り、この高校に進学しています。

特別競技部に在籍しており、スノーボード選手たちと一緒に練習に励んでいます。

また、シーズン中はほとんど世界大会出場のため、世界中を回っていました。

そのため、学校になかなか通うことが出来ず、友達にも会うことが少ないですが、活躍する度に友人からメッセージが送られてきており、その度に頑張ろうと思えるそうです。

高校1年生の時には世界選手権で世界2位になり、オリンピック及び世界選手権大会等における活躍を期待される選手が選ばれるという令和2年度オリンピック有望選手にも選ばれました。

友達の応援もあり、2021年12月には、ワールドカップ今季モーグル第2戦でワールドカップ初優勝しました!

川村あんり選手は、堀島行真さんと原大智さんと共に表彰台に上がることができ、自身のSNSで「ずっとずっと夢だった、わたしの夢のひとつが叶いました」と喜びの投稿をしていました。

川村あんり(モーグル)の出身中学校はどこ?

川村あんり選手は新潟県の湯沢学園中学校出身です。

川村あんり選手は、母の「毎日楽しそうに滑っているのを見てやらせてあげたい!」という思いから、スキーで上を目指すため、祖父が湯沢町に住んでいることもあり、新潟県湯沢町へと引っ越しています。

また、当時はフリースタイルスキーのチームである、チームジョックスに所属し、NASPAスキーガーデンを拠点にスキーの練習をしていました!

チームジョックスは、群馬県川場村の川場スキー場をホームゲレンデにしているチームです。

13歳の時に埼玉県大会いいもりA級大会に参加しています。

我が子の成長のために、引っ越すなんて、すごく娘思いな母親ですね。

その練習の成果で、2019年には初出場したフィンランド・ルカで行われたワールドカップで2位を取ることができ、国際スキー連盟(FIS)の最優秀新人賞にも選ばれています。

その時、以前モーグルで活躍し、ワールドカップ3位という上村愛子さんの成績を超えたため、『上村愛子2世!』とニューヒロインの誕生と話題になりました。

他にも2018年に開催されたJOCジュニアオリンピックカップ優勝や、第89回宮様スキー⼤会国際競技会では2位という成績を残しています。

翌年2019年には 東海北陸フリースタイルスキー選⼿権⼤会第1戦・第2戦で優勝しています。

中学生の頃から大活躍だったんですね!

川村あんり(モーグル)の両親とハーフまとめ

・川村あんりの両親は、父親:川村修一さん、母親:川村綾子さん。2人とも元実業団アイスホッケー選手。

・川村あんり選手はハーフではなく日本人。

ここまで、川村あんり選手の両親やハーフとの噂を調べてきました!

現役高校生ながら数々の活躍をしている川村あんり選手。

時には流暢な英語でインタビューに答えています。

ハーフであると思われる程、日本人離れした顔立ちも魅力的ですね。

また、ご両親も元実業団アイスホッケー選手であり、祖父母もスキー好き。

川村あんり選手のために引っ越すなど、協力的なご家庭の元、練習に励んでいます。

もうすぐ行われる北京オリンピックでのメダルも期待されます。

今後の活躍に目が離せません!

スポーツ
全てを楽しむ
タイトルとURLをコピーしました