エリザベータトゥクタミシェワは結婚してるの?彼氏がいるか詳しく!

エリザベータトゥクタミシェワ 結婚 スポーツ

ロシアの女子フィギュアスケーターのエリザベータトゥクタミシェワ選手。

去る北京オリンピックでは惜しくも代表メンバー入りは逃してしまいましたが、カミラ・ワリエワ選手のドーピング問題の際は彼女が出場辞退した場合の代役として名前が挙がったことが記憶に新しい人も多いのではないでしょうか。

10代の選手が多いロシアの女子フィギュアスケーター界の中で、エリザベータトゥクタミシェワ選手は2022年3月現在25歳となるベテランですから、当然恋愛に関する話題も気になるところですよね。

今回は、そんなエリザベータトゥクタミシェワ選手に関することを調査していきます!

エリザベータトゥクタミシェワは結婚しているの?

エリザベータトゥクタミシェワ選手が2022年3月現在、結婚しているという情報はありませんでした。

彼女の年齢を考えるとそろそろか?という気もしますが、ロシア人女性の平均結婚年齢が早かったのはもう昔の話で、2019年に発表されたロシア人女性の平均結婚年齢は25~34歳とのことです。

日本人女性の平均結婚年齢は29.4歳(2020年度)ですので、日本に限らずいまや世界的に晩婚化が進んでいることがよく分かりますよね。

そしてエリザベータトゥクタミシェワ選手はまだバリバリの現役選手ですので、もし彼女が今後結婚を考えるタイミングがあるとすれば、競技を引退した後ではないかと思います。

ちなみにエリザベータトゥクタミシェワ選手は以前インタビューを受けた際に、あとどのくらいスケートをするつもりですか?と引退時期にも関わってくる内容を聞かれ「私の体が許す限りです」と答えているんですよね。

日本でいえば2度オリンピックへの出場経験もある鈴木明子選手は29歳まで現役を続けていましたし、エリザベータトゥクタミシェワ選手も次回の2026年ミラノ・コルティナダンペッツォオリンピックを十分、狙える年齢だといえるでしょう。

そうなってくると、結婚はまだまだ先になるのかもしれません。

周りに流されず、自分を追求し続けられる女性はとても素敵ですよね!

エリザベータトゥクタミシェワには現在彼氏はいるの?

エリザベータトゥクタミシェワ選手は2022年3月現在、彼氏がいるという情報はありませんでした。

とても美しく、そして大人の妖艶な魅力も溢れる彼女ですから、周囲の男性がほっておくわけがないとは思うのですが、2020年時点のインスタライブでは「私は誰とも付き合っていない。自分を認識することに向き合っている」と堂々とフリー宣言をされています。

しかしその前年の2019年までの5年間は彼氏が居たそうで、その際にはまたしても堂々と交際宣言をされていたんですよね。

お相手は同じくロシアのフィギュアスケーターで1歳年下のアンドレイ・ラズキン選手で、交際当時はお互いのInstagramなどにラブラブな写真が多数投稿されていました。

またオープンな交際なのは写真だけにとどまらず、エリザベータトゥクタミシェワ選手はYouTubeチャンネルに出演した際には「性交渉は毎日でもどうぞ」と、聞いているこちらが恥ずかしくなるような内容まで明かしてくれています。

そしてお相手のアンドレイ・ラズキン選手の方も、2019年のロシア杯ファイナルで優勝したときにはインタビューで「僕と彼女には問題はない。ジョークもセックスに関しても」と答えるなど、2人のアツアツぶりをアピール。

日本とロシアでは性に関する認識にそもそもの差があるのかもしれませんが、エリザベータトゥクタミシェワ選手があれだけ妖艶である理由が少し分かった気がしますよね。

ちなみにこれだけ燃え上っていたアンドレイ・ラズキン選手と破局してしまった理由については、エリザベータトゥクタミシェワ選手曰く「ケンカでも不理解でもない。黒猫が道を横切ったら、そうなった」とのこと。

トップアスリートともなると、一般人とは見えている世界が違うようですね。

しかし前述のフリー宣言から既に2年が経過しているので、もしかしたら現在は誰か良い感じの人がいてもおかしくはないと思います。

いつか、また彼氏の存在についてオープンにしてくれるのを楽しみに待っていましょう!

エリザベータトゥクタミシェワの出身大学はどこ?

エリザベータトゥクタミシェワ選手の出身大学ですが、そういった情報がありませんでしたので、もしかしたら大学への進学はしていないのかもしれません。

フィギュアスケート界で大学進学といえば、北京オリンピックで金メダルを獲得したネイサンチェン選手のように競技をしながら大学へも通う選手も多いのですが、ロシアの選手に限って言えば

  • アリーナ・ザキトワ選手 大学入学時は選手としての活動休止中
  • エフゲニア・メドベージェワ選手 平昌オリンピック後は燃え尽き症候群となってしまい、その頃のタイミングで大学入学

というように、なかなか学業と競技の両立は難しいということが伺えます。

エリザベータトゥクタミシェワ選手は4歳からスケートを始め、9歳の時点でエフゲニー・プルシェンコ選手などを輩出したアレクセイ・ミーシンコーチに才能を見出されそこから指導を受けてきているので、幼少期の頃からスケート一筋の生活だったことは想像に難しくありませんよね。

また彼女が15歳だった頃に父親が亡くなってしまい、その後は出身地であるグラゾフから1600㎞以上離れたサンクトペテルブルクへ母と妹と共に移り住んだりと高校生の頃は人生が激動していたので、当時は大学受験のことを考える余裕などなかったのかもしれません。

しかしその分スケートには集中できたのか、エリザベータトゥクタミシェワ選手が18歳当時のシーズンでは世界選手権をはじめ8つの大会で優勝をしていますので、もし大学へ進学をしていなかったとしても、その選択は正しかったと言えるでしょう。

エリザベータトゥクタミシェワの結婚と彼氏まとめ

今回は「エリザベータトゥクタミシェワは結婚してるの?彼氏がいるか詳しく!」と題してお届けしました。

  • 2022年3月現在、結婚はしていない
  • 2022年3月現在彼氏が居るという情報はないが、以前交際していた彼氏に関しては色んな部分でかなりオープンな関係だった
  • 出身大学の情報がないので、進学をしていないのかもしれない

ということがわかりました!

美しく妖艶なエリザベータトゥクタミシェワ選手から、今後も目が離せないですね。

これからも他の選手とは一味も二味も違う魅力を武器に、更なる飛躍をしていってくれることを楽しみにしています。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポーツフィギュアスケート
全てを楽しむ
タイトルとURLをコピーしました