荒牧理沙は炎上騒動が過去にあった?事務所や地元を調査!

荒牧理沙 炎上YouTuber

荒牧理沙さんは、これまで主としてTikTokやTwitterなどのSNSで活躍するタレントで、独特の美貌とセクシーで豊満なスタイルでファンの注目を惹きつけています。

荒牧理沙さんの美貌は、人形のような魅力のある美貌ですが、それが日本的な美人でもなく、バタ臭い西洋的な美貌でもなく、まさに荒牧理沙さん固有の不思議な魅力で人の目を惹きつける美貌です。

荒牧理沙さんの活躍の出発点は中国のByteDnace社が運営するビデオ映像プラットフォーム「TikTok」です。

これはスマホ向けの短い映像を配信するSNSですが、荒牧理沙さんはこのSNSに登場すると、たちまち数十万人のフォロワーを獲得して一躍有名になりました。

現在では、TwitterやYouTubeでも活躍し、さらに日本テレビの「幸せ!ボンビーガール」にも出演して女優としての第一歩を踏み出しました。

この記事では 、その荒牧理沙さんの過去の炎上経験や所属事務所、出身地などについての情報を探ってみます。

荒牧理沙は炎上騒動が過去にあった?

先ず初めに、荒牧理沙さんの過去の炎上騒動について見て行きましょう。

「炎上」とはそもそも何でしょうか?「炎上」とは本来は「火が凄い勢いで燃え上がる」ことです。

しかしここで言う「炎上」は、インターネット上で使われる特殊な意味を持つ言葉で、Twitterその他のSNSのコメント欄に誹謗中傷などの非好意的なコメントが、ある人に対して集中して投稿されることです。

これはSNSの悪用で、「炎上」をされたために自殺してしまう例も少なからず出たので、現在はこの「炎上」を規制する法律も制定されています。

さて荒牧理沙さんの炎上体験ですが、これについては荒牧理沙さん自身がYouTube上で自ら語っています。

それによると、荒牧理沙さんは中学生時代に芸能界に憧れていて、自分の画像をSNSに投稿したり、少々ハメを外して遊んだこともあったようです。

その頃、「ヘンな画像」を拡散されたり、素行を非難するようなコメントがSNS上で「炎上」したのだそうです。

荒牧理沙さんは、これについては自分にも反省すべき点があったと認めています。

しかし今は、その時の辛い経験を乗り越えて、前向きに芸能界で生きて行きたいと思っている、とのことです。

荒牧理沙の好きなタイプは?彼氏には尽くすタイプ?

さて「SNSの女王」とも言うべき存在で多くのファンの目を惹きつけている荒牧理沙さんは、どんなタイプの男性が好きなのでしょうか?

これについて荒牧理沙さんは3つの項目を挙げています。これを見て行きましょう。

第1は、「相手に対して気遣いを自然にしてくれるようなタイプ」です。

荒牧理沙さんが、これを第1に挙げる理由はよく分かります。それは過去の「炎上体験」です。

炎上は匿名の多数の人が次々に自分に対する悪口雑言を投稿して来る、ネット上のいじめです。

これを受けるのは本当に辛い体験で、小学生や中学生ばかりでなく、しっかりしたキャリアのある成人ですら、このいじめのために自殺に追い込まれる例もあります。

「テラスハウス」という番組に出演していた女子プロレスラーの木村花さんと言う人が自殺した事件は、大きな社会問題になりました。

この辛い炎上体験を乗り越えて来た荒牧理沙さんは、他人に思いやりをもって接してくれる人を何より求めているのでしょう。

第2は、「ユーモアが分かり、相手のギャグによく反応して笑うタイプ」です。

荒牧理沙さんの10代は、炎上体験のために決して明るい10代とは言えないでしょうが、本来、荒牧理沙さんは明るい性格で、お互いに笑い合って暮らすのが好きなのですね。

第3は、「豊かな想像力を持っているタイプ」です。


想像力がないと、相手に対する気遣いもできないし、ユーモアも分かりませんから、これは自ずと第1と第2に繋がっていると言えるでしょう。

さて、上記の好きなタイプの3つの項目を見ると、いずれも相手に対する要求のニュアンスが感じられます。

従って、どちらかと言うと荒牧理沙さんは「彼氏に尽くすタイプ」よりも、「彼氏に尽くしてもらいたいタイプ」かもしれません。

しかし、辛い炎上体験を経て荒牧理沙さんは「他人に対して良い感情をもって接するように心がけている」と言っていますから、彼氏に尽くす気持ちも十分にあるはずだと思います。

荒牧理沙の事務所はどこ?

荒牧理沙さんの所属事務所は「スターレイプロダクション」です。これは東京都渋谷区にある芸能事務所で、2009年9月に設立されました。

荒牧理沙さんは2020年3月に高校を卒業した後、芸能界で活動する志を立てて上京し、このスターレイプロダクションに入りました。

この事務所には、いろいろなタレント、アイドルグループ、女子プロレスラーが所属しています。以下に何人か主な人たちを挙げてみます。

・りゅーちぇる:1995年9月生まれ、沖縄県出身のジェンダーレスの男性タレント、原宿の古着店に勤める傍ら雑誌のグラビア・モデルとしても活動、またテレビ、ラジオ、CMにも出演してタレントとしても活躍中。

・水沢アリー:1990年9月生まれ、東京都出身の女性タレント、曾祖父がドイツ人なので1/8ハーフに当たり、5歳までフランスで過ごす、2013年2月、日本テレビの「今夜比べてみました」に出演してデビュー、以後、テレビ、ラジオ、CMに出演して活躍中。

・山本優希:1987年2月生まれ、愛知県出身の女性モデル、タレント、名古屋市の中学校卒業後、上京し東京の高校に進学、高校時代にファッション雑誌のスタッフにスカウトされ、読者モデルとしてデビュー、その後、テレビやCMにも出演してタレントとしても活躍中。

荒牧理沙はミスコンに参加してた?

ここでは荒牧理沙さんの、女子高生ミスコンの輝かしい経歴についてお話しします。

荒牧理沙さんは2001年9月18日に生まれ、2017年4月、地元、熊本県熊本市の私立高校「開新高等学校」に入学しました。

この開新高校の2年生の2018年に荒牧理沙さんは日本一カワイイ女子高校生を選ぶ女子高校生ミス・コンテストで先ず地元の熊本県の代表に選ばれます。

この時、荒牧理沙さんはTwitterへの投稿で「皆さんの応援に感謝しています。これから九州・沖縄エリアのグランプリと準グランプリの審査が始まるので、皆さんのお力添えをよろしくお願いいたします」と言っています。

そしてその審査の結果、荒牧理沙さんは見事、九州・沖縄エリアの準グランプリを獲得したのです。

この時の荒牧理沙さんの画像を見ると、高校1年生らしい初々しさはありますが、現在と変わらない独特の美貌の魅力が、はっきり現れていて、九州・沖縄エリアの準グランプリに選ばれるのも、もっともと頷けます。

荒牧理沙の地元は熊本?

荒牧理沙さんの地元すなわち出身地は熊本県です。だから上述の通り、2018年の女子高校生ミスコンにおいて、先ず第一段階で地元、熊本県の代表に選ばれたのです。

荒牧理沙さんは、辛かった過去の炎上体験を語るYouTubeの動画の中で、「熊本のハジ」とまで言われた、と告白しています。これは女子高生ミスコンの熊本代表に選ばれる前、中学時代の辛い体験ですね。

さて熊本と言えば、豊臣秀吉と徳川家康が将軍だった時代には「虎退治」で有名な豪傑、加藤清正の領地でしたね。

従って今も熊本県の男女には豪傑気質が受け継がれているようで、男性は「肥後もっこす」と呼ばれ、頑固で一本気な性格が特徴とされています。

女性も自立心が強いしっかり者で、堂々と自己主張をして競走する性格が特徴とされています。

荒牧理沙さん自身も自分の性格について「くよくよ考えないで、思い立ったら直ぐ実行するタイプ」だと言っています。

こういう積極的で前向き志向の性格のおかげで、辛かった過去の「炎上体験」を乗り越えることができたのですね。

荒牧理沙のプロフィール

・名前:荒牧理沙(あらまき りさ)、(仇名は「りさぴょーん」)
・生年月日:2001年9月18日
・出身地:熊本県
・学歴:開新高等学校卒業
・身長:153cm
・体重:非公開だが、推測によると約45kg
・趣味:歌(歌うこと)、料理(作ること)
・事務所:スターレイプロダクション

経歴

・2001年9月18日:熊本県に生まれる
・2015年:中学2年生時代、Twitterに自分の画像の投稿を始める

・2015年~2016年:中学時代にSNS上で匿名の相手からの誹謗、中傷が続出する「炎上」体験をする

・2018年:高校2年生の時、女子高校生のミスコンで、先ず熊本県代表に選ばれ、次いで九州・沖縄エリアの準グランプリを獲得

・2020年:高校を卒業後、芸能界入りを志して上京、芸能事務所「スターレイプロダクション」に所属

その後、中国のビデオ映像プラットフォーム「TikTok(ティックトック)」に投稿を始めてたちまち数十万人のフォロワーを獲得、さらにその後TwitterやInstagramの投稿でも注目を集め、現在は日本テレビの「幸せ!ボンビーガール」などにも出演して女優としての一歩を踏み出しています。

まとめ

この記事では、先ず初めにTikTok他、SNSで活躍するマルチタレント、荒牧理紗さんについて、過去の炎上体験の経緯を調べ、次いで、所属事務所、女子高生ミスコンへの参加、地元すなわち出身地、などについて調べました。その結果は次の通りです。

・過去の炎上体験の経緯

これは荒牧理沙さんの中学時代の体験です。荒牧理沙さんは中学2年生の頃、Twitterに自分の画像の投稿を始めました。

また、この頃、ちょっとハメを外して遊んだこともあったようです。
その頃に、匿名の人たちから、SNS上で「ヘンな画像」を流出されたり、ひどい誹謗中傷のコメントを続々と投稿されたりしたのです。

その匿名の投稿者たちは恐らく荒牧理沙さんがハメを外して遊んだ時の遊び仲間とその周辺の連中でしょう。

「熊本のハジ」とまで言われたと、荒牧理沙さんは、この過去の辛い炎上体験を振り返って語っています。

・女子高生ミスコンへの参加の経緯

荒牧理紗さんは、2018年、高校2年生の時に、女子高校生ミス・コンテストにエントリーし、先ず地元の熊本県の代表に選ばれました。

そして、さらに進んで九州・沖縄エリアの準グランプリを獲得しました。

・荒牧理沙さんの所属事務所は、東京都渋谷区にある芸能事務所「スターレイプロダクション」です。

・荒牧理沙さんの地元、すなわち出身地は熊本県です。

荒牧理紗さんが中学時代に受けた「炎上体験」は本当に辛い体験に違いありません。炎上はインターネットを使った極めて悪質な「イジメ」です。

このイジメに遭って自殺してしまう人も少なからずいます。小学生や中学生ばかりでなく、しっかりしたキャリアを持つ成人の中にも自殺した人がいるのです。

この辛い時期を荒牧理沙さんは持ち前の前向きで一途に突き進む性格によって見事に乗り越え、今や「SNSの女王」とも呼ぶべき存在となり、女優への道を突き進んでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました