南沙良の両親はどんな人?兄弟や家族エピソードを紹介!

女優

モデルとして、また女優としても活躍している南沙良さんは、2002年6月11日生まれで、今年、2021年の5月の段階では18歳という新緑のような青春時代の真只中です。

しかし、南沙良さんのデビューはたいへん早く、2014年に新潮社で出している雑誌『nicola』のnicolaモデルオーディションでグランプリを受賞して合格、同誌の専属モデル「ニコモ」として登場した時です。この時、南沙良さんはまだ12歳、小学校の6年生です。

3年後の2017年には映画「幼な子われらに生まれ」に出演して女優としてデビューし、翌2018年には映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」で映画の初主演をします。さらに翌2019年にはテレビドラマに初出演かつ初主演を果たします。

この記事では、こんな早熟の才能に恵まれた芸能人、南沙良さんの、ご両親やご兄弟などの家族情報、また芸能界デビューのキッカケなどについての情報を調べてみようと思います。

南沙良の両親はどんな人?

これから、こんなに早く才能を開花させた南沙良さんを育てたご両親についての情報を調べて行こうと思います。

芸能人のご両親には大きく分けて2つのタイプがあります。1つはご本人が芸能人の道に進むことを積極的に応援するタイプ、もう1つは芸能界入りを歓迎しないタイプです。

我が子の芸能界入りを積極的に応援したご両親の例としては、個性派女優の趣里さんのご両親が挙げられます。

趣里さんのお父さんは超ベテラン俳優の水谷豊さん、お母さんも俳優、また歌手としても活躍している伊藤蘭さんです。

趣里さんは元々バレリーナの道を本格的に志してイギリスに留学していたのですが、足の怪我のためにバレリーナの道を断念せざるを得ず、失意の時を過ごす間に演技に魅力を感じて女優の道に進んだのです。

ご両親も趣里さんが自ら打ち込める道を見出したことに喜び、静かに見守りながら応援を惜しまなかったということです。

我が子の芸能界入りを歓迎しなかったご両親の例としては、新世代のイケメンとして人気沸騰中の俳優、岡田健史のご両親が挙げられます。

岡田健史さんは野球の名門高校に入学して野球に熱中する野球少年でしたが、芸能事務所がそのイケメン振りに目を付け、早くも中学生時代からスカウトの声をかけ続けていたのです。

岡田健史さんは、高校3年生の時に急遽芸能界入りを志すのですが、ご両親、特にお母さんは「男子たる者、初志を貫徹すべきではないか」と、当初は芸能界入りに良い顔はしなかったということです。

さて、南沙良さんのご両親の場合はどうでしょうか?この点も含めて南沙良さんのご両親はどんな方なのか、お父さんとお母さんに分けて見て行きましょう。

母親

先ず、お母さんはどんな方でしょうか?

お母さんも南沙良さんが芸能人の道に進むことを心から応援しています。もっとも南沙良さんがnicolaモデルのオーディションを受けると言った時のお母さんの答えは、たった一言「どうぞ」というものでした。

芸能界に進むこと自体に応援する気はあっても、小学校6年生の段階でデビューということには戸惑う気持ちがあったのかもしれませんね。

このお母さんと南沙良さんとは大変仲良しの親子関係で結ばれています。南沙良さんはお母さんについて、とてもしっかりした自己を持っている強い人で、自分にはこのお母さんに憧れる気持ちがある、と言っています。

父親

では、お父さんはどんな方でしょうか?

お父さんもやはり南沙良さんが俳優として、またモデルとしてますます才能を開花させることを心から応援しています。

お父さんの職業はカメラマンです。カメラマンは芸能界にも深いつながりがあり、芸能界の裏も表もよく知っています。

芸能界に縁のない人は、徒に芸能界に憧れを持ったり、また反対に芸能界に警戒心を持ったりし勝ちですが、このお父さんにはそんなことはありません。

芸能界のことは十分に分かっていながら、娘さんの芸能人としての才能をよく見極めた上で積極的に応援されているようです。

そういう訳で娘の沙良さんのことを真剣に気遣っている優しいお父さんなのですが、15歳当時の沙良さんはお父さんと喧嘩ばかりしている、と言っています。

15歳と言えば娘にとっては何か父親というものが鬱陶しい存在に感じられる年頃で、言わば対父親反抗期ですから、それも無理はありませんが、この時期を通過したら、きっとお母さんと同じく、お父さんとも仲良しの親子関係を取り戻すに違いないと思います。

南沙良に兄弟はいるの?

南沙良さんの一家は、ご両親、お兄さん、そしてご本人の沙良さんの4人家族です。お兄さんは6歳年上でお誕生日は沙良さんと数日違いということなので、1996年の6月生まれですね。

このお兄さんと沙良さんは、小さい時からとても仲よしの兄妹です。例えば、初めてバレンタインのチョコレートを渡した相手はお兄さんで、沙良さんが小学校2年生の時のことでした。

そのお返しにお兄さんがホワイトデーに縫いぐるみをくれたのですが、沙良さんは今もその縫いぐるみを大事にしているそうです。

また、沙良さんは自ら「アニオタ」と称するほどのアニメ好きで、月に10冊ほどアニメ雑誌を買うのですが、これもお兄さんの影響を受けた結果で、お兄さんは沙良さんに輪をかけたアニメ好きのようです。

お兄さんと沙良さんの仲良し関係は大人になった今も続いていて、今でも一緒に映画を観に行くこともあるそうです。

南沙良の出身地はどこ?

南沙良さんの出身地については2つの情報があります。

先ず1つの情報は東京都出身というものです。これは南沙良さんが所属している芸能事務所「レプロエンタテイメント」のホームページに含まれている南沙良さんのプロフィールの中に記されている情報です。また、フリー百科事典のWikipedia にも、南沙良さんの出身地は東京都と記されています。

もう1つの情報は神奈川県出身というものです。これは、例えば「ORIKON NEWS」とか、「WEBザ・テレビジョン」などと言うネット記事に記されている情報です。また、出生地が神奈川県と記したネット記事もあります。

ことによると、小学校6年生のモデルデビュー当時の届には出生地の神奈川県と書き、女優としてレプロエンタテイメントに所属した時の出身地の届には東京都と書いたのかも知れません。

南沙良が芸能界デビューしたキッカケは何?

初めにお話ししたように、南沙良さんの最初の芸能界デビューはモデルとしてのデビューです。

それは、2014年、小学校6年生の時のことで、新潮社という出版社が発行しているファッション雑誌『nicola』のモデルオーディションに応募して、見事グランプリを獲得し、同誌の同年10月号から『nicola』の専属モデルとしてデビューしたのです。

3年後の2017年には映画に出演して女優としてデビューします。その2年後の2019年にはテレビドラマにもデビューしました。

さて、モデルとしての初デビューの発端となるファッション誌『nicola』のモデルオーディションに応募するキッカケについてお話ししましょう。

南沙良さんは幼いころから女優に憧れていて、自分も女優になりたいということを家族や親戚の方々に公言していたのです。それを聞いていた叔父さんが、nicolaモデルオーディションの情報を見つけて、沙良さんに応募を勧めてくれたと言うことです。

南沙良のプロフィール

・名前:南沙良(みなみ さら)
・生年月日:2002年6月11日
・出身地:東京都
・学歴:目黒日本大学高校卒業(推定)
・身長:160.9cm
・体重:41kg
・趣味:洋服のリメイク、アニメ
・事務所:レプロエンターテインメント

経歴

・2002年6月11日:神奈川県に生まれる
・2009年4月:聖ドミニコ小学校入学

・2014年:第18回nicolaモデルオーディションに応募してグランプリを獲得、新潮社のファッション誌『nicola』の専属モデルとなる

・2017年:映画「幼な子われらに生まれ」に出演し、女優デビュー

・2018年3月:川崎市立麻生中学校卒業、同年4月:目黒日本大学高校入学
・2018年:映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」で映画初主演、第61回ブルーリボン賞新人賞他3種の新人賞を受賞

・2019年1月:フジテレビのテレビドラマ「ココア」に初出演・初主演してテレビドラマ・デビュー

・2021年3月:目黒日本大学高校卒業、同年4月:TBS日曜劇場「ドラゴン桜 第2シリーズ」に出演

まとめ

この記事では小学校6年生で雑誌モデルデビュー、中学校2年生で映画女優デビュー、高校1年生でブルーリボン賞新人賞などを獲得した早熟の芸能人、南沙良さんについて、ご両親、お兄さんなどの家族情報や出身地、デビューのキッカケなどについての情報を調べました。その結果をご報告します。

・お父さん情報:南沙良さんのお父さんはカメラマンをしていた方でなので芸能界については良く承知されており、沙良さんの芸能人としての才能を見抜いた上で、芸能界での活躍を温かく応援しています。

・お母さん情報:南沙良さんのお母さんは、しっかりした強い精神の持主として沙良さんは憧れるような気持ちを抱いています。そして沙良さんの趣味である洋服のリメイクなどでは、お母さんの指導を仰ぐことも多く、とても仲の良い親子関係を築いています。

・お兄さん情報:南沙良さんには6歳年上のお兄さんがいます。お兄さんとは幼いころから大の仲良し兄妹で、アニメの趣味を共有するなど、成長した今も、仲良し関係は続いています。

・出身地情報:南沙良さんの出身地については2つの情報があります。所属事務所「レプロエンターテインメント」のHPなどでは東京都となっていますが、少なからぬネット記事で神奈川県としているものが見られます。ことによると出生地が神奈川県で、育った所は東京都かも知れません。

・芸能界デビューのキッカケ:南沙良さんは、幼いころから女優になるのが夢で、家族や親戚にもそのことを公言していました。それを聞いていた叔父さんが、nicolaモデル・オーディションの情報を持って来て、応募を勧めてくれたのです。

幼い頃から女優に憧れていた南沙良さんには本当に女優としての素晴らしい才能があったのですね。これから益々その才能が開花して大女優に成長して行くのが楽しみです。

女優
全てを楽しむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました